Warning: date() expects parameter 2 to be long, string given in /home/ymp3/www/hmssl.com/member/nisiya_hp/blog/modules/calendar.inc.php on line 126
間違っているよ!
<< 2019.8 >>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
OTHERS
  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • atom0.3
  • valid XHTML1.0
  • valid CSS2
  • Credit

August 02, 2019

間違っているよ! ID:1564732229カテゴリー » 院 長

運転支援技術を向上して事故のない社会を作る。こんな記事が出ていました。本当に運転支援すると事故がなくなるのでしょうか?就職支援、生活支援など、ことあるごとに支援支援という話題、本当にそうすることで社会が良くなっていると思いますか?全く逆の結果を生んでいるとしか思えません。
実際は運転技術の向上が大切です。ですので、技術の無い人は運転できないことにした方が事故が減ると私は考えます。ですから、オートマチックトランスミッションを止めて、マニュアルだけにすると、上手でない人は運転しなくなる。公共交通機関を利用する、エコになる。
そもそも高度な運転支援システムがあったとしても本当に必要な人が買える値段になるわけありません。私が昨年購入した軽自動車は、アダプティブクルーズコントロールが装着されています。設定速度以下なら、前の車の速度に合わせてついて行くことが出来ます。使うと便利ですが、当社の若者たち(全部女性ですが)はそんなの使ったことありません。ボタン一つで出来ることはやりますが、若者ですら、2つ以上の操作が必要となると躊躇するのでしょうね。私なんか、使う使わないは使ってから考えたいのでいじりまくって、つまんない装置だったら二度と使いませんね。
支援の仕組みを考えることは悪いことではないし、体の不自由な人に対するものであればどんどん開発していただいて、健常者はなるべく面倒で回りくどい方法をあえてとらざるを得ない環境にしてしまうことが、本当の意味での安全な社会を作る方法では無いかと思います。

Up — posted by 管理人 @ 04:50PM